江戸川区19歳少女の名前はさくらばりな?顔画像や事件の動機を徹底調査!

2022年1月9日(日)東京都江戸川区に住む19歳の少女が逮捕されました。

逮捕された少女は、交際相手であった男性の腹部を刺したことによる殺人未遂容疑がかかっています。

被害者は、職業建設業で25歳の佐藤優作さんです。

警察に通報したのは被害者である佐藤さん本人で、自宅アパートで19歳の少女に腹部を刺された後、自力で逃げ出し近所の駐車場から通報したようです。

佐藤さんは搬送先の病院で死亡が確認されました。

今SNSで逮捕された19歳の少女について、名前や顔画像、事件の動機について様々な噂が飛び交っています。

19歳の少女の名前はさくらばりなというのか、顔画像・事件の動機はなんだったのか、徹底的に調査しました。

最後まで読んでみてください。

 

江戸川区19歳少女の名前はさくらばりな?

現在SNSや週刊誌で、逮捕された19歳の少女の名前が拡散されています。

SNSでは、被害者である佐藤優作さんの知り合いが実際にやりとりしたLINEを投稿しています。

そこには「りな」と書かれているので、おそらくさくらばりなという名前は本当なのでしょう。

19歳の少女が逮捕された当初は「逃げたい一心で刺した」と供述しているとの報道でしたが、被害者の知人がSNSで拡散している内容や、週刊誌が報道している内容と供述があまりにも違いますよね。

逮捕された19歳の少女はどのような人物だったのでしょうか。

 

江戸川区19歳少女の顔画像は?

 

逮捕された19歳の少女について、顔画像は公開されているのか調査しました。

被害者の佐藤優作さんの知人が投稿しているSNSには、19歳少女の顔画像を持っているような発言をしています。

しかし、少年法に基づき名前や顔画像を公開することはできないので、確認することはできませんでした。

19歳の少女と被害者である佐藤優作さんは、同じ青森県の出身です。

少女が上京を希望し、それを叶える形で2021年4月に東京に引っ越してきています。

東京に住みたいと思ったのには、どんな目的や理由があったのでしょうか。

少女はコールセンターで働いていたという報道がされていましたので、やりたい仕事があるとは考えにくいですよね。

被害者である佐藤さんは「少女は東京に連れてこない方が良かったのではないか」と知人に漏らしていたと言います。

東京に引っ越したことで、少女の素行が乱れていったのかもしれません。

世間が注目を集めている事件なので、顔画像も含め19歳少女の人物像が気になりますよね。

 

江戸川区19歳少女の事件の動機は?

2021年夏ごろに19歳の少女は「好きな人ができた」と話し、2人は別れています。

少女は19歳で未成年のため、家を借りるには保証人が必要ですし、経済的にも生活していくには困難とのことで同棲は続けていたのです。

警察には「逃げたい一心で刺した」「殺すつもりはなかった」と話しているという19歳の少女。

交際が終了し、恋愛感情のなくなった女性を変わらず家に住まわせ続けていた被害者の人柄を考えると、とても情が深く優しい印象を持ちますよね。

そんな被害者に対し「逃げたい一心で刺した」という少女の供述は、あまりにもかけ離れているように思えます。

19歳の少女は、何を思って交際相手であった佐藤さんを刺したのか、真相が知りたいところです。

 

まとめ

今回は「江戸川区19歳少女の名前はさくらばりな?顔画像や事件の動機を徹底調査!」と題して、2022年1月9日に江戸川区で起きた殺人事件についてまとめてきました。

19歳少女の名前はさくらばりなという名前が有力であるが、確証は得られていません。

顔画像については、被害者である佐藤優作さんの知人が顔画像を持っているような発言をしています。

しかし、少女が19歳という未成年であるため少年法に基づき、公開はできず確認はできませんでした。

19歳の少女がなぜ、被害者を刺してしまったのか動機について「逃げたい一心で刺した」と供述しています。

しかし、被害者の知人の話や報道の内容を見ると、19歳の少女が逃げたいと思うほどのことをするような人柄には思えませんでした。

まだ報道にはない、わたしたちには分からない事件の真相がありそうですね。

19歳の少女には、事件の真相を話してもらい犯してしまった罪を改めてほしいですね。

今後も捜査の動きに注目が集まりそうです。