【死去】エディタ・グルベローヴァ(ソプラノ歌手)の死因とwiki経歴

  • 2021年10月19日
  • 2021年10月19日
  • 訃報

2021年10月18日、世界最高峰のソプラノ歌手のひとり、エディタ・グルベローヴァさんが、亡くなったことがわかりファンを中心に衝撃が走っています。

74歳でした。死因は何だったのでしょうか。

報道の概要

朝日新聞はエディタ・グルベローヴァさんの訃報について、以下のように報じています。

世界最高峰のソプラノ歌手のひとり、エディタ・グルベローヴァさんが18日、チューリヒで亡くなった。ミラノ・スカラ座などが発表した。74歳だった。

出典:https://news.yahoo.co.jp/articles/fd67c8bbaf3dbc7b349d8ae435003d817fc8da3a

 

ネットの反応

国民
大阪でリサイタルを聴いて、本物の歌手はこんなにすごいのかと感動したのをよく覚えています。
ご冥福をお祈りいたします。
国民
全盛期の頃、音大で学んでいました。
憧れでした。寂しいです。
国民
グルベローヴァ様が……なんということ
国民

グルベローヴァさん亡くなられたのか…泣

国民

静かに安らかな眠りを祈ります。。

国民

私はマリア・カラスを生で聴くには生まれるのが遅すぎた。でも、グルベローヴァは聴くことができた。その幸運とともに。R.I.P.

出典:Twitter

エディタ・グルベローヴァ(ソプラノ歌手)のwiki経歴

エディタ・グルベローヴァ(ソプラノ歌手)さんについて調べていたところ、以下のような経歴を確認できました。

生年月日:1946年12月23日
出身地:スロバキアの旗 スロバキア
死没:2021年10月18日(74歳没)
ジャンル:オペラ
職業:歌手
活動期間:1968年 –

エディタ・グルベローヴァさんはチェコスロバキア(現在はスロバキア)のブラチスラヴァに生まれて、父親はドイツ系で母親はハンガリー系でした。

音楽院で学んだ後、プラハ、ウィーンで声楽を学びます。
1968年、わずか22歳でブラチスラヴァの歌劇場でデビューし、1970年にはウィーン国立歌劇場と契約、1973年にはザルツブルク音楽祭に出演しました。

ウィーン国立歌劇場でモーツァルト「魔笛」の夜の女王役を歌ったことで、世界にその名を知られるようになります。

ミラノ・スカラ座やメトロポリタン歌劇場など世界中の歌劇場を席巻しました。

 

大の親日家として知られていて、初来日は1980年。その後は15回以上の来日を重ねたといいます。

2011年、東日本大震災の年の秋にもバイエルン国立歌劇場公演で来日を果たしています。

奈良や京都などをよく訪れ、皇室との絆も深めました。2020年、引退を宣言していました。

 

エディタ・グルベローヴァ(ソプラノ歌手)の死因

エディタ・グルベローヴァ(ソプラノ歌手)さんの死因は何だったのでしょうか。日本の報道では、死因について明らかにされていません。

そこで、現地の報道も確認しましたが、死因は公表されていませんでした。

詳細が分かり次第掲載いたします。

ref:_00Dd0eHCX._5003o1URuSV:ref