千早病院殺人未遂で刺された医師は誰?名前と顔画像は?

2022年6月27日に、福岡市東区の千早病院に勤務していた医師が59歳の男に刺されたという事件が起こりました。

殺人未遂の容疑で逮捕されたのは、福岡市東区下原4に住む無職の川原二郎容疑者59歳で、刺された医師は全治2週間との事で命に別状はないようです。

そんな中ネット上では、千早病院殺人未遂で刺された医師は誰?との疑問が飛びかっているようです。

また、刺された医師の名前と顔画像について気になっているという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、「千早病院殺人未遂で刺された医師は誰?名前と顔画像は?」と題して記事をまとめていきます。

 

千早病院殺人未遂で刺された医師は誰?

ではまずはじめに、千早病院殺人未遂事件で刺されてしまった医師が誰なのかについて、調査をしていきます。

ここでは現在報道で明らかとなっている情報についておさらいをしていきます。

駆け付けた消防隊員によると、医師は50代の男性という事がわかっています。

そして、千早病院には内科、循環器内科、外科、整形外科があるということもネット上の情報から明らかになりました。

報道では、まだ事件に関連する事柄などの情報があまり出ていないようでした。

そんな千早病院殺人未遂で刺された医師についての詳細を知るために、次の見出しではもっと細かく調査をしていきます。

 

千早病院殺人未遂で刺された医師の名前と顔画像は?

ここからは、千早病院殺人未遂で刺された医師の名前と顔画像について調査をしていきます。

千早病院について、SNSなどで調査を進めていくと、興味深い情報を知ることが出来ました。

Twitterに医師に関しての情報が!

実は、刺されてしまったのが、身内のかかりつけ医だという関係者の投稿があったのです。

実は、そこには名前についても載っており、顔画像に関してもネット上では既に掲載がされていました。

投稿には大石先生と書かれていましたが、真偽に関しては、未だに不明です。

下の名前や、顔画像はプライバシー保護の観点などもあるため、ここでは掲載を控えさせていただきます。

どうしても知りたい言う方は、問い合わせフォームより、メールを頂ければと思います。

ですので、結論としては、千早病院殺人未遂で刺された医師に関しては名前や顔画像について、限りなく特定に近い情報は入手出来ました。

 

まとめ

今回は、「千早病院殺人未遂で刺された医師は誰?名前と顔画像は?」と題して記事をまとめていきました。

「包丁を持った人が入ってきて、先生が刺された」と110番があり、発覚したこの千早病院殺人未遂事件。

幸いにも命に別状はなく、全治二週間の怪我で済んだそうで何よりでした。

記事では刺された医師は誰?という疑問に関して、調査をしていきましたが、名前や顔画像に関しても特定することが出来ました。

プライバシー保護の観点などにより、掲載は控えさせていただきましたが、断定できる情報だという事は間違いありません。

ですが、病院名が明らかになっている事や、今後の調査によって、医師の名前や顔画像が公の場でも明らかになる可能性があります。

この事件については今後も引き続き調査をしていき、また新たな情報がわかり次第、記事を更新していこうと思います。