キャッシングアローは在籍確認がある?審査時間や二次審査も調査!

  • 2022年6月20日
  • 2022年6月20日
  • 金融

アローからお金を借りたい時、在籍確認があるのか、審査時間や、二次検査について気になります。

そこで今回は、「キャッシングアローは在籍確認がある?審査時間や二次審査も調査!」と題して調査しました。

愛知県名古屋市に本店があるネットキャッシングに特化した正式な消費者金融です。

全国どこからでも来店不要の即日融資も可能です。

消費者金融や銀行でキャッシングする際は、審査の一つとして職場への在籍確認のため電話します。

ただ、キャッシングアローと名乗ることはせず、個人名で名乗り、職場の人に借入の確認だと知られることはありません。

申告した勤務先に実際に所属されていることが確認できればいいので、本人が電話に出る必要はありません。

「〇〇と申します。〇〇さんはいらっしゃいますか?」
と金融からの借り入れだとバレないように配慮してくれるので安心してください。

ただ、職場によっては、怪しまれるかもしれないのであれば、クレジットの申し込みでの電話だとかわすといいでしょう。

またアローは親身に聴取してくれますので、在籍確認が困るのであれば相談してみるのも良いかもしれません。

場合によっては保険証や給料明細などのアップロードで在籍確認を完了してくれる可能性があります。

キャッシングアローで、お金を借りることを検討している方は審査時間も気になりますよね。

アローの審査時間がスムーズな方は、ある条件を満たしている人だけです。

アローの審査時間は最短45分!

と、言われているポイントの重要な点を次に紹介します。

またこの記事でアローからお金を借りたい方にわかりやすく解説していきますので、是非最後までお付き合いくださいね。

 

キャッシングアローの審査時間は?

アローの審査時間は最短45分のスピード審査で、日本全国からでも来店不要の即日融資が可能です。

アローで即日融資をしたいのであれば、審査時間や銀行の営業時間を視野に入れて、当日の14時頃までにお申し込みするといいでしょう。

また在籍確認のことを考えれば、職場が休みであれば在籍確認ができず、審査は長引きます。

最短45分のスピード審査は、申込みから審査完了までとくに問題がなければ、最短45分で審査結果が通知されます。

審査時間は申込者の事情によっては差があるため、即日借入れを希望する場合は、時間に余裕をもって申込みましょう。

また連休明けは、申し込み人数が増え時間がかかる可能性もあります。

審査は基本は申し込み順ですので、休みの前日などにお申し込みをしておくといいかもしれません。

アローの申込み方法は以下の通りです。

1,ネット申込(24時間申込みを受付けています)
2,FAX
3,郵送

ネット申込みで全国どこからでも来店不要でお申し込みできます。

またアローは独自の審査基準で審査を行っています。

そのため、申し込みにも条件があります。

アローの公式ホームページによると申し込み条件は、下記の通りになります。

・年齢24歳以下及び66歳以上の方はご契約出来ません。
・貸金業者からの借入れが既に年収の3分の1を超えている方は申込み出来ません。
・健康保険未加入の方はご契約出来ません。
・勤続1年未満(11ヵ月以下)の方はご契約出来ません。
・現在、他社のご返済が遅れている方はご契約出来ません。
・自営業者の方で確定申告等年収証明が提出できない方はご契約出来ません。

上記に当てはまる方がお申し込みをしても、45分で審査結果がでて融資が受けられないという残念な結果となります。

また申し込み内容に不備や、嘘や虚偽があっても真偽の確認のために時間がかかってしまします。

=アローの審査をなるべく早くするための要点=

・審査時間や銀行の営業時間、当日の14時頃までにお申し込み。

・審査は申し込み順で行われるので、土日祝日あれば早めに申し込んでおくと月曜日に順次対応。

・申し込み内容に不備や、嘘や虚偽がない。(入力ミスはないか)

・運転免許証などの確認書類は、画像が不鮮明ではないか。(アロー公式アプリや公式サイトからスマホで撮影)

・アローは5年以内に債務整理や自己破産でも融資の実績があるが時間がかかる。

・アローでは融資は銀行振り込みのため、審査時間を考慮し午前中の申し込みがいい。

ただアローは、本人確認書類は2次審査での提出になります。

次に二次審査についてご紹介します。

 

 

キャッシングアローの二次審査とは?

キャッシングアローの二次審査があり、それて何?と思う方も多いかもしれません。

アローのキャッシングで、申込みフォームで申込みをした場合、入力内容で一次審査が行われます。

通過すれば、二次審査として本人確認書類(免許証・保険証など)や収入証明(源泉徴収票、給料明細2か月分など)の提出と聴取に移ります。

一次審査の段階で返済能力調査などの基本的な審査はほぼ完了となります。

二次審査はその裏付けの確認作業ということになります。

アローの一次審査以降の流れ

・本人確認書類
・年収確認書類の提出
・アロー担当者からのヒアリング
・在籍確認
・二次審査可決→融資実行

アロー担当者からのヒアリング

・普通の常識人か
・返済意欲があるか
・信頼のおける人物か

などが問われます。

また、ヒアリングでは、家族状況を詳しく聞かれます。

そういった細やかな聞き込みで、支払い能力や意思を確認します。

またそれぞれの家庭事情も聴かれます。

配偶者の仕事状況、親の状況、家計の管理状況、その方自身の状況も細かく聞きとり、配慮してほしいことがあればこの時に相談するといいでしょう。

少しでも早くお金を借りたいと焦っている方には、一見無駄な時間にすら感じるかもしれません。

しかし、お金を貸すほうは、見ず知らずの方に大金を貸すのです。

それはリスクを伴うものです。

アローは自己破産や債務整理をした方でも借りられるとの定評のある消費者金融です。

そのため二次審査のヒアリングで、状況を聞き取ります。

大手では審査が通らない受け皿であり、過去に事故を起こした方の救済処置的な存在でもあります。

そのため過去ではなく、今の返済能力や信用できるかがポイントです。

そのための二次審査ですので、信頼できる、返済の意思があると相手に伝わるように誠実に対応することをおすすめします。

 

アローの審査に通る基準

勤務形態正社員、公務員、派遣社員、契約社員、自営業者、経営者、パート・アルバイト
収入年収100万円以上
勤続期間1年以上
他社借入件数6件以内
他社借入金額年収の3分の1未満

他社借入金額には、クレジットカードのキャッシングも含まれます。

でも銀行カードローンは総量規制には含まれませんが、審査の参考にはしているで申告はするようにして下さい。

総量規制は、金融業者から借入額の上限を制限する法律です。

年収の3分の1までしか借り入れができないのです。

例え借入先が1件で、借り入れ額が100万円であれば、年収が300円でだと借りることはできないと規制があるのです。

今どうしても借り入れが必要な方にはもどかしい規制かもしれませんが、正規の消費者金融であるアローもこの規制通りの審査となります。

ただあなたの年収だけではなく、家計を共にする家族の年収の含まれますので、ヒアリング時に、家計を助けてくれる家族がいるのであれば相談するのもいいでしょう。

 

まとめ

「キャッシングアローは在籍確認がある?審査時間や二次審査も調査!」と題してお届けしました。

在籍確認は、借り入れだとバレないように配慮されますし、審査時間は最短で45分とありますが状況により時間がかかることを調査しました。

またアロー独自の二次審査の詳細や、どうして二次審査があるのかもお伝えしてきました。

ここまでアローを調査した結果、過去の事故や債務整理に関係なく融資を受けえる会社のため、今必要な方にもお金が借り入れができやすいです。

しかし過去の事故があって借り入れができても、独自の審査基準があるので、注意が必要です。

借り入れができる年齢や、勤続年数は他社よりは若干シビアですので、申し込み対象者かなのかまずは確認して下さいね。

二次審査での聞き取りを丁寧に行い、現在の返済能力をしっかりと独自審査をしてくれるのがアローの特徴です。

ただしアローのHPにもあるように、アローを名乗る偽闇サイトがありますので、必ず正規の金融会社か確認をして下さい。

正規の金融会社は登録番号があります。

申し込みフォームに個人情報を入力する前には、まずは正規の金融会社かの確認だけはして下さいね。

最後までお付き合いありがとうございました。