ブレント・ルノーのwikiプロフと顔画像!監督作品も調査!

ロシアによるウクライナ戦闘が連日報道されていますね。

3月14日にまた1人、アメリカン人ジャーナリストの訃報が報道されました。

死亡したのはブレント・ルノーさん50歳です。

避難民を取材するために現地へ入り、激戦が繰り広げらているキエフ近くの検問所で銃撃に遭い命を奪われてしまいました。

標的になってはいけないジャーナリストを殺害してしまい、今後更なる戦闘の激化が懸念されますね。

死亡したブレント・ルノーさんとは、ジャーナリストとしてだけでなく、映画監督としても活躍されていたのだとか。

ブレント・ルノーさんのwikiプロフや顔画像含め、気になりますよね。

今回は「ブレント・ルノーのwikiプロフと顔画像!監督作品も調査!」と題して、ブレント・ルノーさんについて記事にまとめていきます。

 

ブレント・ルノーのwikiプロフと顔画像!

ブレント・ルノー(Brent renaud)さんの顔画像は上記になります。

優しそうな印象がありますね。

wikiプロフもまとめていきます。

  • 1971年10月13日生まれの50歳
  • アメリカ合衆国テネシー州生まれ
  • 兄はクレイグ・ルノー

幼少期の詳しい経歴は、情報がありませんでした。

兄のクレイグ・ルノーと一緒に、ドキュメンタリー映画の監督を務めたり、テレビに出演するなど幅広く活躍していました。

2001年に発生したアフガニスタン紛争、2003年のイラク紛争、2010年にハイチ地震など世界中の紛争や災害に関して現地に赴き取材し、記事にしてきたそうです。

ブレント・ルノーさんが監督を務めた映画では、賞を受賞したこともあるのだとか。

具体的な作品名などを次に紹介していきます。

 

ブレント・ルノーの監督作品は?

ブレント・ルノーさんが監督を務めた作品は以下になります。

  • 2004年公開『Off to War』
  • 2005年公開『Dope Sick Love』
  • 2007年公開『Little Rock Central High: 50 Years Later』
  • 2017年公開『METH STORM: Arkansas USA』その他多数作品あり
ブレンド・ルノーさんは戦争、麻薬、歴史などを題材にした映画を製作されていました。
受賞歴があると報道では伝えられていますが、具体的に映画を受賞したのか、ジャーナリストとして書いた記事が受賞したのか、ハッキリした情報がなかったのでここでの掲載は控えさせていただきます。

 

まとめ

今回は「ブレント・ルノーのwikiプロフと顔画像!監督作品も調査!」と題して、記事にまとめていきました。

3月13日に紛争が続いているウクライナキエフ近辺で、ロシアの銃撃に遭い死亡したブレント・ルノーさん。

ブレント・ルノーさんはアメリカのジャーナリストで、紛争の取材をするべく現地に入り、銃撃されたと推測されています。

顔画像は、TwitterやFacebookに掲載されていたものを載せています。

wikiプロフは生年月日と、出身地しか分かりませんでしたが、兄とともにドキュメンタリー映画の監督を務めていたことが分かっています。

監督作品を調査してみて、戦争や麻薬を題材としたドキュメンタリー作品ばかりでした。

メッセージ性の強い作品作り、ブレント・ルノーさんが書いた記事を読んだことはありませんがきっと臨場感あふれる記事だと考えられますね。

今回亡くなられたブレント・ルノーさんのご冥福をお祈りいたします。

ウクライナ紛争が早く終息に向かうことを願います。