原爆追悼祈念堂で焼き肉男の名前は?礼拝所不敬罪で逮捕!

2022年4月29日、職業不詳の男性(52)が礼拝所不敬容疑で逮捕され話題となっています。

事件の内容は、長崎県長崎市の平和公園にある原爆無縁死没者追悼祈念堂の焼香台の下にあるステンレス製の板の上で焼き肉をしていたようです。

市職員の通報を受け、警察が防犯カメラを調査したところ、公園近くにいた男性に任意同行を求め、逮捕に至りました。

今回、原爆追悼祈念堂で焼肉をしていた、焼き肉男の名前が気になりますよね。

また、礼拝所不敬罪で逮捕されていますが、「礼拝所不敬罪」とはどのような罪なのでしょうか。

そこで、「原爆追悼祈念堂で焼き肉男の名前は?礼拝所不敬罪で逮捕!」と題して記事をまとめていきます。

 

原爆追悼祈念堂で焼き肉男の名前は?

原爆死没者の遺骨8964柱を安置している、原爆追悼祈念堂で焼き肉をしていた男性の名前について調べてみました。

しかし、各SNSや報道を確認しましたが、焼き肉男の名前を特定することができませんでした。

もしかすると、職業も不詳とあり、身元を証明できる免許証や保険証は持ち歩いていなかった可能性があります。

焼香台には線香やロウソク、ライターが置いてあり、24時間誰でも慰霊できるようになっています。

そのため、焼き肉男も出入りでき、何を思ったのか焼き肉をしてしまいました。

今後、焼き肉男について、新たな情報がわかり次第掲載いたします。

 

原爆追悼祈念堂で焼き肉男が礼拝所不敬罪で逮捕!

礼拝所不敬罪で逮捕された焼き肉男ですが、「礼拝所不敬罪」とはどのような罪なのか調べてみました。

礼拝所不敬罪とは、刑法に規定される犯罪類型で、神祠、仏堂、墓所その他の礼拝所に対し、公然と不敬な行為をした者を処罰する刑法となっています。

そのため、原爆で亡くなられた方の遺骨を納めていた祈念堂で、焼き肉を行う行為は極めて礼儀に外れた行動であると思われます。

そして、礼拝所不敬罪では6月以下の懲役若しくは禁固又は10万円以下の罰金の処罰が下されるようです。

聞きなれない罪ですが、過去にも霊園内でヌード撮影で書類送検されたり、墓所の入り口で放尿する格好をしたとして捕まっている方がいます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「原爆追悼祈念堂で焼き肉男の名前は?礼拝所不敬罪で逮捕!」と題して記事をまとめてみました。

2022年4月29日、職業不詳の男性(52)が礼拝所不敬容疑で逮捕されました。

事件の内容は、長崎県長崎市の平和公園にある原爆無縁死没者追悼祈念堂の焼香台の下にあるステンレス製の板の上で焼き肉をしていたようです。

そこで、原爆追悼祈念堂で焼肉をしていた焼き肉男の名前が気になり調べてみました。

しかし、各SNSや報道を確認しましたが、焼き肉男の名前を特定することができませんでした。

また、礼拝所不敬罪とはどのような罪なのか調べてみました。

礼拝所不敬罪とは、神祠、仏堂、墓所その他の礼拝所に対し、公然と不敬な行為をした者を処罰する刑法となっています。

そのため、原爆で亡くなられた方の遺骨を納めていた祈念堂で、焼き肉を行う行為は極めて礼儀に外れた行動であると思われます。

今後、焼き肉男について、新たな情報がわかり次第掲載いたします。