芦田愛菜が慶応医学部に内定?進学先の偏差値を徹底調査!

2000年代から子役としてブレイクし、今に至るまで女優・タレントとして躍進している芦田愛菜さん(17)についてのニュースです。

何と慶応大学医学部への内部進学が決まったという情報が入りました。

テレビに引っ張りだこで、老若男女誰もが知っている芦田愛菜さんですが、学業でも非常に優秀であることは知らない人もいたのではないでしょうか。

今でも仕事より学業を優先しているストイックさを持ち合わせていることもあり、学校側からの評価も非常に高いとのことです。

しかし、慶応大学の「医学部」ともなればその門の狭さは想像を絶します。

進学するには学年のトップ5には入っていなければいけないとも言われており、愛菜さんの才媛ぶりが伺えます。

では、進学先の慶応医学部に入学するにはどの位の偏差値が必要なのでしょうか。

という事で、今回は「芦田愛菜が慶応医学部に内定?進学先の偏差値を徹底調査!」というタイトルにて記事をまとめていきます。

 

芦田愛菜が慶応医学部に内定?

蘆田愛菜さんが慶応医学部へ進学が内定したことは、確定事項ではないのですが、既に話題を呼んでいます。

週刊誌「女性自身」の記事によると、蘆田愛菜さんは成績トップクラスで、将来的に医者になりたいという夢があると語っていました。

また、10歳の時点で医学の道に進み、「病理医になりたい」という具体的な展望を持っていたそうです。

複数の報道機関から慶応医学部内定の記事が公開されており、ある程度の信ぴょう性はありそうですが、一方で推薦学部の決定は高3の後半であり、内定が出ているかは定かではないという意見もある様です。

基本的には高校3年の定期試験や期末試験の結果を見てから決定するのがスタンダードだとは思いますが、愛菜さんのような例はそうあるわけではない為、何らかの特別な措置が取られている可能性もあるかもしれません。

 

芦田愛菜の進学先の偏差値は?

女優業だけでなく、学業も優秀と話題の芦田愛菜さんですが、慶応医学部に入るには実際どの位の偏差値が必要なのか気になりますね。

調査したところ、慶應医学部の偏差値は72.5でした。(2021年度入試辞典)

非常に高い数値ですが、愛菜さんが通っている「慶応女子高等学校」は偏差値77という超難関の高校という事を考えれば、成績次第で入学することは可能でしょう。

しかし、慶應女子高等学校から慶應医学部への内部推薦の権利を得ることが出来るのはわずか5名と非常に狭き門です。

愛菜さんより成績が良い在校生が5名以上おり、その全員が医学部を希望した場合、内部推薦は無効になってしまいます。

国、数、英、理、社の主要5科目の他、体、音、美、家等の科目においても加味された上で、成績のトップである必要があるとのことで、内部推薦による進学は普通の大学受験よりも難度の高いものとなっている側面もあるそうです。

一部ではその知名度から裏口入学ではないかとも囁かれていますが、明確なソースは全く無く、やっかみやデマ情報である可能性が高そうです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「芦田愛菜が慶応医学部に内定?進学先の偏差値を徹底調査!」というタイトルにて記事をまとめてみました。

物腰柔らかで子役のころから皆に好かれる芦田愛菜さん(17)ですが、演技力だけではなく、学力も相当高く、進学先として、慶応医学部への内部推薦を獲得したとのことです。

この情報は確定情報ではないみたいですが、複数の報道機関から慶応医学部内定の記事が公開されていることから、ある程度の信ぴょう性はありそうです。

そして、慶應医学部の偏差値は「72.5」と非常に高い値となっていました。

非常に高い数値ですが、愛菜さんが通っている「慶応女子高等学校」は偏差値77という超難関の高校という事を考えれば、成績次第で入学することは可能だと思われます。

とは言え應女子高等学校から慶應医学部への内部推薦の権利を得ることが出来るのはわずか5名と非常に狭き門です。

ですが愛菜さんであれば入学後も上手くやっていけることは間違いないでしょう。

女医「芦田愛菜」の誕生が今から楽しみですね。