新井啓仁医師の顔画像とFacebook!出身大学や経歴も調査!

2022年2月28日、京都府で1人の医師が逮捕されました。

逮捕されたのは、京都府立医科大学付属病院に勤める新井啓仁容疑者43歳です。

新井容疑者は2021年11月に、手術中に27歳の女性の身体を盗撮した疑いが持たれています。

実は新井容疑者は、2021年12月に京都駅で女性のスカートの中を盗撮したとして事情聴取されていて、スマートフォンを調べたところ、今回の手術中の動画が見つかったという事態になりました。

医療従事者の信頼を損ねる行為ですよね。

新井容疑者の顔画像やFacebook、出身大学や経歴気になります。

今回は「新井啓仁医師の顔画像とFacebook!出身大学や経歴も調査!」と題して、新井容疑者について記事にしていきます。

 

新井啓仁医師の顔画像とFacebook!

新井容疑者の顔画像を調べてみました。

病院のホームページや、SNSを調べてみましたが顔画像が分かるものはありませんでした。

何かの授賞式で新井容疑者と思われる画像が出回っていましたが、モザイクがかかっていますし新井容疑者と断定できないので、ここでの掲載は控えさせていただきます。

Facebookは「新井啓仁」というアカウントは2つ見つかりました。

しかし、年齢や所在地から今回の事件の容疑者である新井啓仁とは別のアカウントと言えるでしょう。

新井容疑者はFacebookを利用していなかったか、別の名前でアカウントを持っていたのかもしれませんね。

 

新井啓仁の出身大学や経歴は?

新井容疑者の出身大学、経歴はどうなのでしょうか。

京都大学付属病院のホームページを確認しましたが、すでに差し替えられていて新井容疑者の名前はなくなっていました。

2月28日付けで退職となっているので、当然の処置ですよね。

他サイトで調べてみると、新井容疑者の経歴が見えてきました。

  • 2003年京都府立医科大学卒業
  • 京都市立病院
  • 松下記念病院
  • 国立がん研究センター東病院
  • 京都府立医科大学付属病院

年齢が43歳なので、2003年で医学部を卒業しているとなると、1~2年は浪人・留年した可能性はありますが、医師になる過程は順調だったのではないでしょうか。

様々な論文を書いていることも分かり、研究にも力を入れていた医師だったのでしょう。

医師歴はおよそ15年以上と思われるので、これからまだまだ活躍できる医師だっただけに逮捕とは残念ですね。

 

まとめ

今回は「新井啓仁医師の顔画像とFacebook!出身大学や経歴も調査!」と題して、新井容疑者について記事をまとめてきました。

新井容疑者の顔画像は、ハッキリ本人のものと思われる画像は発見できませんでした。

Facebookは新井啓仁というアカウントは見つかりましたが、所在地や年齢が異なるため、新井容疑者のものとは別人と推測されます。

出身大学は、逮捕直前まで勤務していた病院に付属する、京都府立医科大学でした。

卒業後は数か所の病院を回り、経験を重ねていたようですね。

調べてみると、論文も出していて臨床、研究と忙しく活動していたのではないかと考えられます。

今回被害に遭われた女性は、新井容疑者を信頼して手術を受けられたと思います。

信頼を裏切るような行為ですよね。

新井容疑者がどのような思いで、スカートの中を盗撮したり、手術室までスマホを持ち込んで盗撮したのか、理由を明らかにして反省してもらいたいですね。