Amazon不在票にブチギレ投稿者誰?家におれやで炎上!

  • 2022年4月19日
  • 2022年4月19日
  • 炎上

200022年4月12日にツイッターである写真が投稿されて、話題になっています。

その写真とは、アマゾンの配達員からの不在票で、「時間指定しとるなら、家におれや」と書かれていました。

アマゾンの配達員の対応に対し、アマゾンヘルプの公式ツイッターでは、「ご不快の念をおかけしました」と投稿者に謝罪し、配達員の対応について改善を要請すると説明しました。

この男性は15日、J-CASTニュースの取材に答えて、これ以外にもあった過去のトラブルについて話しました。

話によると、男性は2022年4月6日に無料サービスのお急ぎ便を利用して、ビジネスシューズを1足注文しましたが、配達当日は仕事があって荷物を受け取れませんでした。

不在票には、「ガスメーターに置き配しました」といった内容が書かれていましたが、荷物は見当たらず、男性がアマゾンのサイトで確認すると、配達日には部屋に誰もいなかったのに「直接手渡し済み」になっていたそうです

一体、Amazonの不在票をツイッターに投稿した人は誰なのでしょうか?

そこで、「Amazon不在票にブチギレ投稿者誰?家におれやで炎上!」と題して、記事をまとめていきます。

 

Amazon不在票にブチギレ投稿者誰?

Amazonの不在票をツイッターに投稿した人は誰なのでしょうか?

調べたところ、以下のツイートが見つかりました。

炎上の渦中にいる投稿者は「@LiveDio3」という人物でした。

以前に公開していた情報から、44歳前後の男性であることが判明していますが、@LiveDio3は現在アカウントを非公開にしています。

本名は公開されていなかったので、身元の特定には至りませんでした。

 

Amazon不在票家におれやで炎上!

投稿者はおそらく、共感されると思ってツイッターに投稿したことでしょう。

しかし、現実は真逆の結果となってしまいました。

ツイッター上では投稿者を非難する声があがり、炎上してしまったのです。

というのも、不在票投稿を受け取った会社員の男性は「仕事があって配達日時を忘れていた」そうなのです。

男性は1度目の配達時に受け取れず、2度目の配達も逃してしまったのですが、2度目の不在票に「家におれや」と書かれていたそうです。

 

確かに、自分で配達の時間指定をしたのであれば、投稿者の方が分が悪いかもしれませんね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「Amazon不在票にブチギレ投稿者誰?家におれやで炎上!」と題して、記事をまとめてきました。

2022年4月12日にツイッターにアマゾンの配達員からの不在票が投稿されて、話題になっています。

その不在票には、「時間指定しとるなら、家におれや」と配達員からの文句が書かれていました。

この書き込みに対して、酷いとする声は出た一方で、配達員を擁護する声もネット上で多かったようです。

アマゾンの配達員の対応に対し、アマゾンヘルプの公式ツイッターでは、「ご不快の念をおかけしました」と投稿者に謝罪し、配達員の対応について改善を要請すると説明しました。

不在票投稿を受け取った会社員の男性は「仕事があって配達を忘れていた」そうです。

男性は1度目の配達時に受け取れず、210度目の配達も逃してしまったのですが、2度目の不在票に「家におれや」と書かれていたそうです。

炎上の渦中にいるツイッターの投稿者は「@LiveDio3」というアカウントの人物でした。

以前に公開していた情報から、44歳前後の男性であることが判明していますが、@0LiveDio3は現在アカウントを非公開にしています。

本名は公開されていなかったので、身元の特定には至りませんでした。

ツイッター上では逆に投稿者を非難する声があがり、炎上してしまいました。

もちろん、配達員も激務の中、自分の仕事を増やされてイラつくこともあったでしょう。

それでも社会人の立場として、もう少し言葉を選ぶべきだったかもしれません。