尼崎市USB紛失の犯人は誰?名前と顔画像特定は?

と2022年6月23日に、兵庫県尼崎市に住む全市民約46万人分の個人情報が入ったUSBメモリーを紛失したと発表があり、話題になっています。

実際に尼崎市のUSBを紛失したのはBIPROGYの協力会社の社員だと報道され、明らかになっています。

その社員は2022年6月21日にデータの移管作業のためUSBメモリーを市の市政情報センターから持ち出していました。

作業を終えて飲食店で飲酒し、帰宅する途中でUSBメモリーの入ったかばんを紛失していることに気づき、この様な事態になったそうです。

そんな尼崎市のUSBを紛失した犯人が誰なのか?皆さん気になっているようで、名前や顔画像について特定しようとしている方も見かけます。

そこで今回は、「尼崎市USB紛失の犯人は誰?名前と顔画像特定は?」と題して記事をまとめていきます。

 

尼崎市USB紛失の犯人は誰?

まずはじめに、尼崎市でUSBを紛失した犯人が誰なのか調査をしていきます。

尼崎市の全市民46万人分のデータを紛失してしまったことは、ただのミスでは済まされないでしょう。

ネット上で実際にそのことを調べていった結果、次のようなことがわかりました。

おさらいをすると、USBを紛失してしまったのはBIPROGYの社員ではなく、その協力会社の社員という事がわかっています。

協力会社というのはあまり公に出ないため、名前なども大きくは公表されにくい傾向にあります。

実際の報道ではまだ実名公表されていませんが、これだけ大きな問題へと発展しているため、今後の調査で明らかになる可能性があります。

そこで次の見出しでは、USBを紛失した犯人の名前と顔画像を特定するべく、さらに詳しくみていく事とします。

 

尼崎市USB紛失の犯人の名前と顔画像特定は?

ここからは、USB紛失の犯人の名前と顔画像について特定をするべく調査をしていきます。

先程も申しましたが、現在USBを紛失したのが誰かという事に関しては、未だ公表されていません。

ですので、ここでは、ネット上やSNSなどを使って関連する事柄を調べ、特定をしていきます。

現在関連している事柄で明らかになっていることは、パスワードが英数字13桁という情報です。

そのことに関して、ネット上では解読をしようとしている人で溢れかえっており、犯人と直接つながっているヒントとも言えます。

もう一つはBIPROGYの協力会社という事ですのでつまりは下請け会社という事は、予想が付きます。

ですが、まだ現時点では情報量が少なすぎるため、特定には至りませんでした。

公務員による不詳などではよく職員の名前は伏せられる事が多いですが、今回は協力会社という事ですので、明らかになる可能性もあります。

関連記事

兵庫県尼崎市は2022年6月23日に、全市民約46万人分の個人情報が入ったUSBメモリーを委託業者が紛失したと発表し、現在注目を浴びています。市によると、USBメモリーを紛失したのは、臨時特別給付金の業務を委託していたBIPROGY[…]

尼崎市 USB 紛失 委託業者 どこ BIPROGY 協力会社 社名 特定

 

まとめ

今回は、「尼崎市USB紛失の犯人は誰?名前と顔画像特定は?」と題して記事をまとめていきました。

兵庫県尼崎市で起こった、全市民46万人の個人情報が入ったUSBを紛失してしまったこの事件。

委託業者の協力会社に所属する社員がこれだけ大きな失態を犯してしまいました。

自らの飲酒による影響で紛失してしまい、国家問題へと発展してしまったため、懲戒免職は免れられないかもしれません。

実際にUSBを紛失してしまった犯人は誰なのかについても調査をしていきましたが、名前や顔画像の特定には至りませんでした。

ですが、今後の報道などで新たな情報が入ってくるかもしれないため、その時はまた追加で記事を書いていきます。