赤穂市民病院で医療事故の脳神経外科男性医師誰?名前と画像は?

2021年12月17日、兵庫県赤穂市中広にある赤穂市民病院脳神経外科の男性医師が関わった手術で、着任から1年で8件の医療事故が起きていたと報じられて話題となっています。

被害者の女性は重い腰痛で病院を受診して、腰椎の一部を切除する手術を受けた
ところ、両足に重度のまひが生じるという後遺症が残っているというのです。

被害者は裁判を起こしています。

一体、この男性医師は誰で、名前や顔画像はあるのでしょうか?

そこで、「赤穂市民病院脳神経外科で医療事故の男性医師誰?名前と画像は?」と題して記事にまとめていきます。

 

赤穂市民病院脳神経外科で医療事故の男性医師誰?

報道によると、問題となった男性医師が携わった手術で、着任から1年で8件の医療事故があったといいます。

このうち76歳の女性に関しては腰椎の手術中に神経の一部を切断されて両足まひなどの後遺症が残ったといいます。

この女性に関しては病院側は医療過誤を認めています。

 

2019年7月に赤穂市民病院に着任

問題となった男性医師は2019年7月に赤穂市民病院に着任し、脳神経外科の常勤医師として同病院が採用しました。

着任以降、関わった手術で予後が良好とはいえない事例が相次いで、医療事故報告書が提出された8件を外部有識者が検証した結果、女性患者に対する手術で医療過誤が認定されています。

2020年3月に手術の執刀などを禁止されて21年8月に退職しているといいます。

 

男性医師は脳神経外科の40代医師

この男性医師いついて調べてみたところ、過去に別のメディアでもこの問題をとりあげている記事を見つけることができました。

その記事を確認したところ、この男性医師は40代の医師であることがわかりました。

ちなみに2021年現在は43歳のようです。

 

赤穂市民病院脳神経外科で医療事故の男性医師の名前と画像は?

現在のところ、この医師の名前(実名)や顔画像は一切公開されておらず、その素性は特定されていない状況です。

ただ、手がかりとなる情報があったのでご説明します。

 

HPから名前が削除された医師がいる

赤穂市民病院について調べていたところ、病院に勤務する脳神経外科医のうち、HPから名前が削除されている医師がいることがわかりました。

この病院は「外来診療予定表」をPDF化してネット上で公開しています。

しかし、その医師は2020年1月時点では名前が記載されていましたが、2021年現在では名前が削除されていることがわかりました。

名前が削除されたということは、その医師は病院から退職したか、転職したと推測されます。

 

別人である可能性も十分注意が必要

ただ、名前が削除されたということだけで、その医師が医療過誤を起こした医師とは限らないということには注意が必要です。

実際に、名前が削除されている医師を調べてみたところ、着任時期や退職時期、年齢は公にされていません。

そのため、検証を十分に行えない状況となっています。

そのため、名前が削除された医師が必ずしも今回の医療過誤と関係があるというわけではない可能性があるということには留意する必要があります。

 

医師の名前と顔画像は?

問題となった医師の名前や顔画像については現在調査中です。

詳細は調べていますが、医療過誤を認められた女性と家族は、市と医師に慰謝料などの損害賠償を求める裁判を起こしています。

訴状を見ることができれば、この医師の名前や素性がわかるかもしれません。

ただ、今の所問題となった医師の名前や顔画像については確認できていません。

今後、匿名掲示板やSNS等でリーク情報があるかもしれないので、新しい情報が入り次第掲載いたします。

 

問題となった医師が現在どこの病院に勤めているかは、こちらの記事をご確認ください。

関連記事

2021年12月17日、兵庫県赤穂市中広にある赤穂市民病院脳神経外科の男性医師が関わった手術で、着任から1年で8件の医療事故が起きていたと報じられて話題となっています。被害者の女性は重い腰痛で病院を受診して、腰椎の一部を切除する手術[…]

赤穂市民病院 医療事故 脳神経外科 男性医師 現在 勤務先 どこ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「赤穂市民病院脳神経外科で医療事故の男性医師誰?名前と画像は?」と題して記事にまとめてきました。

2021年12月17日、兵庫県赤穂市中広にある赤穂市民病院脳神経外科の男性医師が関わった手術で、着任から1年で8件の医療事故が起きていたと報じられて話題となっています。

この男性医師は誰で、名前や顔画像があるのかを調べてきました。

現在、この男性医師が誰で名前や顔画像については調査中です。

ただ、報道によると被害にあった女性は裁判を起こしているといいます。

そのため、その訴状を見ることができれば問題の医師の名前について手がかりがつかめるかもしれません。

また、関係者からリーク情報があるかもしれません。

今後新しい情報が入り次第掲載いたします。