愛知県工科高校事故はどこか特定?のみ死亡事故の三河の学校名は?

2022年5月6日に愛知県東部の工科高校で男子生徒が工具の「のみ」で大動脈を傷つけた事故に新たな動きがありました。

当初ケガをした生徒は重傷となっていましたが、5月16日になって死亡したと報じられました。

事故は5月6日午前10時50分ごろ、高校の実習室で、のみの柄に付いている金具を調整するため、のみの端を金づちでたたいたりする「かつら直し」をしている際に起きてしまったといいます。

生徒は動脈を傷つけ出血多量で一時心停止に。

その後病院で緊急手術を受けましたが、容体が悪化したということです。

教育委員会は指導については問題なかったと説明していますが、とんでもない事故ですよね。

一体、この事故が起こったのはどこの高校なのか特定されているのでしょうか。

学校名はわかるのでしょうか。

そこで、「愛知県工科高校事故はどこか特定?のみ死亡事故の三河の学校名は?」というタイトルで記事を作成していきます。

 

愛知県工科高校事故はどこか特定?

今回、愛知県の工科高校で事故が起こったのはどこか特定されているのでしょうか。

各報道を調べてみたところ、愛知県の三河地方にある高校だということが発覚しました。

そこで、愛知県の三河地方にある県立高校についても調べてみたところ、全部で約61校が存在しています。

しかし、現時点では報道やSNSでは学校名まで特定できる情報は公開されていませんでした。

ただ、これだけ注目されている事故なので今後SNSや匿名掲示板でも情報がリークされると思われます。

考えられるとしたら、他の生徒や関係者がSNSや匿名掲示板に書き込むことでしょう。

もしかしたら遺族がコメントを出すかもしれません。

今後新しい情報が入り次第掲載いたします。

 

愛知県工科高校のみ死亡事故の三河の学校名は?

上記の通り、愛知県工科高校で死亡事故が起こったのは、三河地方であることがわかりました。

このことから三河地方の県立高校を調査しました。

愛知県三河地方というのは、東三河と西三河と区別されており、市町村は19あります。

このなかの市町村に立地している高校であると考えられます。

また、事故は木材加工の実習授業中にしているので、「のみ」を実習中に使う工科高校であることがわかっています。

このことから、土木建設・建築系の学科がある高校であると考えられます。

これらの情報から推測できるとしたら、下記の高校があります。

・愛知県立豊橋工業高等学校 建築科 豊橋市

・愛知県立碧南工業高等学校 建築科 碧南市

現時点では教育委員会や事故が起こった高校からは学校名は公表されていません。

しかし、地元ではかなり噂や情報が広がっていると思われるので、特定されるのも時間の問題だと思われます。

今後新しい情報が入りましたら掲載いたします。

まとめ

この記事では、「愛知県工科高校事故はどこか特定?のみ死亡事故の三河の学校名は?」というタイトルでまとめてきました。

2022年5月6日に愛知県東部の工科高校で男子生徒が工具の「のみ」で大動脈を傷つけた事故に新たな動きがありました。

当初ケガをした生徒は重傷となっていましたが、5月16日になって死亡したのです。

事故は5月6日午前10時50分ごろ、高校の実習室で、のみの柄に付いている金具を調整するため、のみの端を金づちでたたいたりする「かつら直し」をしている際に起きてしまいました。

生徒は動脈を傷つけ出血多量で一時心停止になり、その後病院で緊急手術を受けましたが、容体が悪化したということです。

教育委員会は指導については問題なかったと説明していますが、とんでもない事故ですよね。

この事故が起こったのはどこの高校なのか特定されているのかを調べてみました。

候補となる学校名はわかりましたが、現時点では特定されていません。

今後新しい情報が入りましたら掲載いたします。