安倍晋三の専属SPは誰?名前は石田萌美で特定?

安倍晋三元首相(67)が遊説中に銃撃され死去した事件を受けて、奈良県警にクレームが殺到しているようです。

安倍元首相は7月8日、奈良・大和西大寺駅の北口前で参院選の応援演説を行っていました。

現場では、奈良県警の警備部参事官をトップとする体制で指揮がとられ、県警本部や奈良西署の警察官、さらに東京から随行した警視庁警護課のSP(要人警護官)1名が安倍氏の警護に当たったといいます。

しかし、安倍元首相は約5メートルの至近距離で背後から撃たれ、命を落とす結果となってしまいました。

安倍元首相の後援会幹部によると、事件の現場を担当していたSPは強いショックを受けているといいます。

安倍晋三元首相の専属SPは誰でしょうか。

また、専属SPの名前は石田萌美さんという方で特定されているのでしょうか。

そこで「安倍晋三の専属SPは誰?名前は石田萌美で特定?」と題して、記事をまとめていきます。

 

安倍晋三の専属SPは誰?

安倍晋三元首相の専属SPは誰なんでしょうか。

ニュースによると、県警本部や奈良西署の警察官、さらに東京から随行した警視庁警護課のSP1名が安倍元首相の警護に当たったといいます。

このことから専属SPは1名だったことがわかりますね。

ニュース映像などを見ると、山上容疑者を確保したSPと思われる人たちがいましたが、SPではなく、警察官だったのでしょうか。

当時の専属SPについて調べましたが、報道では誰がSPか、SPの名前は出てきませんでした。

 

安倍晋三の専属SPの名前は石田萌美で特定?

安倍晋三元首相の専属SPは石田萌美さんという方ではないかと話題となっております。

石田萌美さんとはどのような方なのでしょうか。

石田萌美さんは安倍晋三氏が首相時代に安倍首相のSPの1人として活躍しておりました。

2011年に23歳という若さで、警視庁警護課に配属、民主党政権時代は野田首相を警護し、政権交代によって安倍首相のSPとなります。

2014年、当時25歳という若さとその外見から、安倍晋三首相のお気に入り美人SPとしてネットニュースで話題となり、世間から注目されました。

石田萌美さんは18歳で剣道3段を取得、空手は10人抜きの記録を持ち合わせており、武術の達人といえます。

2018年の記事では、警護課警護第一係の巡査長に就任していたことがわかっています。

当時の記事では内閣総理大臣の警護を担当していると書かれています。

今回の事件のSPは、安倍元首相が倒れたところに女性が写っていることもあり、首相時代の専属SPだったことから、石田萌美さんではないかと話題になっているようです。

しかし、安倍元首相の隣にいた女性はマスクをしており、顔があまり見えないことから、別人ではないかという意見もあり、石田萌美さんだと特定されたわけではなさそうです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は「安倍晋三の専属SPは誰?名前は石田萌美で特定?」と題して、記事をまとめてみました。

安倍晋三元首相(67)が遊説中に銃撃され死去した事件を受けて、奈良県警にクレームが殺到しているようです。

安倍晋三元首相の専属SPは誰でしょうか。

また、専属SPの名前は石田萌美さんという方で特定されているのでしょうか。

当時の専属SPについて調べましたが、報道では誰がSPか、SPの名前は出てきませんでした。

ニュースによると、東京から随行した警視庁警護課のSPは1名だったようです。

今回の事件のSPは、安倍元首相が倒れたところに女性が写っていることもあり、首相時代の専属SPだったことから、石田萌美さんではないかと話題になっているようです。

しかし、安倍元首相の隣にいた女性はマスクをしており、顔があまり見えないことから、別人ではないかという意見もあり、石田萌美さんだと特定されたわけではなさそうです。