安倍晋三のSPは無能でなにしてんの?警視庁SPは何人で名前は?

2022年7月8日、奈良県の選挙演説中に安倍晋三元首相が銃撃されるという衝撃的な事件があり大きく話題となっています。

銃撃に遭った安倍元首相はドクターヘリで緊急搬送されましたが、死亡が確認されました。

安倍首相を銃撃した犯人の山上徹也容疑者は既に逮捕され、警察による事情聴取と家宅捜索が進められています。

ただ、この中で安倍元首相を警護していたSPに対する批判の声が高まっています。

「無能」「何してんの」と言われているようなのです。

一体、なぜ安倍晋三のSPは無能でなにしてんのといわれるのでしょうか?

また、警視庁SPは何人で名前はなんというのでしょうか。

そこで、「安倍晋三のSPは無能でなにしてんの?警視庁SPは何人で名前は?」と題して記事にまとめていきます。

 

安倍晋三のSPは無能でなにしてんの?

報道によると、安倍元首相が銃撃された当時の警護は警視庁のSPと奈良県警の合同で行われていたことがわかっています。

ただ、結果として安倍元首相が銃撃されてしまいましたね。

このことから、SPと奈良県警の警護体制に不備があったのではないかと指摘されています。

Twitterの情報によると、安倍首相の近くを1度銃弾が飛んだようです。

ただ、二回目の銃弾で安倍首相が撃たれてしまいました。

こうした状況を受けて、ネット上では安倍元首相を警護出来なかったことで、SPに対して「無能」や「なにしてんの?」といった声が高まっているというわけです。

 

安倍晋三の警視庁SPは何人で名前は?

それでは、安倍元首相が撃たれた事件当時、演説会場となった現場には何人SPがいて名前は何というのでしょうか。

そこで報道を調べてみたところ、警察官20人近くが安倍元首相を警護していたことがわかりました。

ただ、この全員が警視庁のSPではないようです。

先述の通り、安倍元首相を警護していたのは「警視庁のSP」と「奈良県警の警察官」とされています。

このうち、警視庁のSPは何人だったのでしょうか?

警視庁のSPの人数について調べたところ、以下の情報を見つけることができました。

安倍元首相を警護していた警視庁のSPは「1人」だけだったようです。

元首相という立場の人を警護するSPが1人というのは不適切と取られても仕方ないですよね。

ネット上では、「日本は平和ボケしている」といった声も聞かれます。

今回の一件でSPは安倍元首相を守れなかったSPも批判の矢面に立つ可能性があります。

ただ、このSPの名前や年齢、顔画像といった情報は今のところわかっていません。

関連記事

7月8日午前11時半ごろ、奈良市内で安倍元総理大臣が演説中に後ろから散弾銃で銃撃されるという事件がありました。目撃者の情報では発砲音が2発聞こえたということがわかっています。安倍元総理は、その場に倒れ心肺停止の状態で病院に運[…]

山上徹也 顔 画像 Facebook 自宅 住所 どこ

 

まとめ

この記事では、「安倍晋三のSPは無能でなにしてんの?警視庁SPは何人で名前は?」と題して記事にまとめてきました。

2022年7月8日、奈良県の選挙演説中に安倍晋三元首相が銃撃されるという衝撃的な事件があり大きく話題となっています。

銃撃に遭った安倍元首相はドクターヘリで緊急搬送されましたが、亡くなりました。

この事件を受けて、安倍元首相を警護していたSPに「無能」「何してんの」といった批判の声が高まっています。

なぜ安倍晋三のSPは無能でなにしてんのといわれるのかを調べてまとめました。

また、警視庁SPは何人で名前は何というのかを調べました。

人数は1人ということがわかりましたが、名前など詳しい情報はわかっていません。