2013年死刑確定者で提訴は誰?殺人罪死刑判決の名前を徹底解説!

東京拘置所の死刑囚の男性が国に対し訴訟を起こすことがわかっています。

男性は、2013年に殺人罪で死刑が確定し、死刑判決を受けた2007年から東京拘置所に収容されています。

その際に、天井にカメラがついた「カメラ室」に説明がないまま入ったようです。

3畳半ほどのカメラの死角がない居室で24時間、着替えや排泄といった様子まで撮影されていました。

これを受けて、男性はプライバシーの侵害だとして国に1900万円の賠償を求める訴えを起こすとのことです。

果たして、今回提訴した死刑確定者の男性は誰なのでしょうか。

殺人罪で死刑判決を受けた男性の名前が気になりますね。

そこで、今回は「2013年死刑確定者で提訴は誰?殺人罪死刑判決の名前を徹底解説!」と題して、記事をまとめていきます。

 

2013年死刑確定者で提訴は誰?

2013年に死刑が確定し、国を提訴する予定の人物は誰なのでしょうか。

2013年に死刑が確定した事件を調査してみたところ、「架空請求仲間割れ殺人事件」「前橋スナック銃乱射事件」「姫路2女性殺人事件」がありました。

2007年に死刑判決が下されかつ、2022年現在死刑が未執行である死刑囚という点から考えるに、「架空請求仲間割れ殺人事件」の被告が今回提訴した人物として挙がるでしょう。

この事件では、3人の被告が死刑判決を受けています。

よって、この3人のうちの誰かが今回の訴訟の原告ということになるでしょう。

被告の名前は次の見出しで考察していきます。

 

2013年死刑確定者で殺人罪死刑判決の名前は?

2013年の死刑確定者で殺人罪で死刑判決を受けた人物の名前が気になります。

「架空請求仲間割れ殺人事件」の被告でこのうち死刑判決が確定したのは、「清水大志」「伊藤玲雄」「渡辺純一」の3人です。

2007年時点では無期懲役の判決だった「渡辺純一」を除くと、提訴したのは「清水大志」「伊藤玲雄」の2人のいずれかになるでしょう。

現在の情報では、考察はここまでが限界です。

また新たな情報がありましたら記事を更新いたします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「2013年死刑確定者で提訴は誰?殺人罪死刑判決の名前を徹底解説!」と題して記事をまとめました。

東京拘置所の死刑判決を受けた2007年から東京拘置所に収容され、2013年に殺人罪で死刑が確定した死刑囚の男性が国に対しプライバシーの侵害だとして訴訟を起こすことがわかっています。

男性は天井にカメラがついた「カメラ室」に説明がないまま入り、3畳半ほどのカメラの死角がない居室で24時間、着替えや排泄といった様子まで撮影されていました。

2013年に死刑が確定した事件を調査してみたところ、「架空請求仲間割れ殺人事件」「前橋スナック銃乱射事件」「姫路2女性殺人事件」があり、2007年に死刑判決が下されかつ、2022年現在死刑が未執行である死刑囚という点から考えれば、「架空請求仲間割れ殺人事件」の被告が今回提訴した人物として挙がるでしょう。

この事件の被告のうち死刑判決が確定したのは、「清水大志」「伊藤玲雄」「渡辺純一」の3人です。

2007年時点では無期懲役の判決だった「渡辺純一」を除くと、提訴したのは「清水大志」「伊藤玲雄」の2人のいずれかになると考えられます。