1億円えっち男の本名は佐々木秀之?顔画像とTwitterの特定は?

2022年2月19日、「文春オンライン」が「1億円えっち男」という人物の記事を公開して話題と案っています。

文春によると、「1億円えっち男」は、芸能界で活動する女性に大きな仕事を与える見返りに肉体関係を要求しているといいます。

これまでも複数の被害者がいて、逮捕歴があるなど事態は深刻化しています。

調べてみると、本名が佐々木秀之ということがわかりました。

果たして顔画像とTwitterの特定はされているのでしょうか。

そこで、「1億円えっち男の本名は佐々木秀之?顔画像とTwitterの特定は?」と題して記事にまとめていきます。

 

1億円えっち男の本名は佐々木秀之?

文春オンラインの報道によると、「1億円えっち男」はこれまでに3回の逮捕歴があり、いずれも実刑判決が下されているといいます。

探偵事務所「総合探偵社ガルエージェンシー」がこの男を追跡調査していて、調査によると同様の被害は2005年頃から発生しているとされています。

1億円えっち男は電通や博報堂の役員だと偽って、話術を巧みに使って複数の女性と肉体関係を持っていたとされています。

この男の正体は一体、何者なのでしょうか?

調べてみると、本名は佐々木秀之だということがわかりました。

 

1億円えっち男佐々木秀之の顔画像とTwitterの特定は?

上記のように、1億円えっち男の本名は佐々木秀之というようです。

上記のツイートが確認できました。

また、告発によると、1億円えっち男こと佐々木秀之は、偽名で小林昭夫という名前も使っているようです。


「探偵ファイル」というサイトも佐々木秀之について記事にしていて、被害の詳細とともに実名で告発しています。


「探偵ファイル」を読んでみると、佐々木はTwitterを使って手当たり次第女性と接触していることがわかります。

その時に女性と接触したやり取りが以下のように拡散されています。

この告発によって、佐々木のTwitterアカウントも特定されています。

ただ、特定されたアカウントは鍵垢になっているので、今では詳しい内容を見ることはできない状態です。

また、佐々木のアカウントが特定されたことで、佐々木は新たにアカウントを作り直す可能性が高いです。

全く別の偽名を使って同じ犯行をすることも考えられますね。

ただ、本人の顔は変えられないので、同様な手口の不審なDMが来た時には上記の佐々木の顔と比較検証することが重要ですね。

実際最近でも女性と接触した形跡があるので、再犯の可能性は非常に高そうです。

女性は注意が必要ですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「1億円えっち男の本名は佐々木秀之?顔画像とTwitterの特定は?」と題して記事にまとめてきました。

2022年2月19日、「文春オンライン」が「1億円えっち男」という人物の記事を公開して話題と案っています。

文春によると、「1億円えっち男」は、芸能界で活動する女性に大きな仕事を与える見返りに肉体関係を要求しているといいます。

これまでも複数の被害者がいて、逮捕歴があるなど事態は深刻化しています。

調べてみると、本名が佐々木秀之ということがわかりました。

また、顔画像とTwitterも特定することができました。

今後も犯行が考えられるため、被害を未然に防ぐためにも顔に見覚えがある場合は注意をすることが必要ですね。