山口壯のwiki経歴|高校や評判+家族(妻子供)|犬が好きで動物愛護?

  • 2021年10月27日
  • 2021年10月27日
  • 政治

環境相に山口壯氏が任命されました。岸田内閣の人事も着々と進んでいます。

今回が初めての入閣となる山口壯氏。

二階派に所属しているようですが、いったいどのような人物なのでしょうか。

今回は、山口壯氏の経歴や評判、学歴や家族についてまとめました。

山口壯のwiki経歴

引用:山口 壯(山口つよし)さん (@244yamaguchi) / Twitter

  • 名前:山口壯(やまぐち つよし)
  • 生年月日:1954年10月3日
  • 出身:兵庫県相生市
  • 学歴:東京大学法学部卒
  • 所属:自由民主党(二階派)

パッと見た感じ「壮(そう)」かと思いますが、「壯(つよし)」と読むようです。

1954年生まれの67歳、見た感じはもう少し若く見えますね。

東京大学を卒業したあとは外務省に勤務。

外交官として、アメリカ・中国・パキスタン・イギリス大使館など海外での勤務もこなしています。

 

1995年に外務省を退官し翌年から選挙に出馬。

最初は落選するが、2000年に兵庫から初当選を果たす。

  • 衆議院北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 委員長
  • 自民党選挙対策委員会 副委員長
  • 自民党資源戦略委員会 委員長
  • 自民党部落問題に関する小委員会委員長
  • 元外務副大臣、元内閣府副大臣(国家戦略・地域主権・地域活性化・復興担当)

などの役割を経て、このたび環境相への就任となりました。

山口壯の高校

山口壯氏は、淳心学院中学校・高等学校を卒業しています。

淳心学院中学校・高等学校は兵庫県にある私立の中高一貫校です。

偏差値は50~60くらいで、地元ではそこそこの進学校として知られています。

近場の広島大学など国公立大学への合格者が多いようです。

 

その中にあって東京大学へ進学した山口壯氏は、高校の中でもトップクラスの成績だったと言えるのではないでしょうか。

1973年に淳心学院中学校・高等学校を卒業。

1975年に東京大学法学部を卒業されています。

高校卒業時から大学卒業まで5年かかっているので、浪人したか留年したかでしょうか。

そのへんはハッキリとは分かりませんでした。

山口壯の評判

山口壯氏には不穏なニュースもあり、世間の評判も様々です。

パワハラに、オカルト団体への傾倒。

どこまでが本当かも分からず、期待して良いのかどうか、反応は様々です。

結局のところ、真実は分からないので私たちは自分で見極めるしかないですよね。

良策を願うばかりです。

山口壯の家族

山口壯氏のプロフィールには家族は「妻・長女・次女」となっています。

引用:プロフィール – 衆議院議員 山口壯(やまぐち つよし) 公式ホームページ (mission21.gr.jp)

山口壯氏のホームページに、家族で撮ったと思われる写真が載っていました。

写真の子どもたちは、4歳1歳くらいでしょうか。

写真の日付は1990年なので約30年前ですね。

おそらく現在はお子様は30歳を超えているでしょう。

もしかしたら結婚して、お子様もいらっしゃるかもしれませんね。

 

奥様の名前は、牧子さんと言います。

奥様の曾祖父は、元衆議院議員の森国造氏。

祖父も元衆議院の中村庸一郎氏。

叔父は元法務大臣の中村正三郎氏という政治家一家。

すごいですね。

山口壯は犬好きで動物愛護?

環境相に任命された山口壯氏ですが、現在のところ動物愛護に関しては特別な精神を持ち合わせているような情報はありませんでした。

ポメラニアンを飼っているようなので、動物は好きそうです。

動物好きの人々からの、新環境相・山口壯氏に関する意見は下記の通りです。

良くなるように期待したいけど、どうなんだろう。

どういう人なんだろう・・・という意見が多いですね。

これから、動物愛護に関しても手腕を発揮してくれるのでしょうか。

経過を見守りたいと思います。

ref:_00Dd0eHCX._5003o1URuSV:ref