ラストアイドルの解散理由は人気ないから?いじめや不仲も?

2022年5月31日をもって、アイドルグループ「ラストアイドル」の活動が終了すると発表され、話題となっています。

2017年12月20日にメジャーデビューして、昨年12月で4周年を迎えたアイドルグループに一体何があったのでしょうか。

ラストアイドルの解散理由について気なりますよね。

もしかすると、アイドルとして人気がないから、メンバー同士でいじめや不仲があったからか、と色々と考えられると思われます。

そこで、「ラストアイドルの解散理由は人気ないから?いじめや不仲も?」と題して記事をまとめていきます。

 

ラストアイドルの解散理由は人気ないから?

4周年を迎えたラストアイドルが解散してしまった理由について、調べてみました。

公式HPで解散について説明していて、コロナ渦で活動が制限されてしまったため、などを理由にしていることがわかりました。

コロナ渦の影響で、イベントの自粛や入場制限規制、握手会など数々の活動が制限されていたのではないでしょうか。

その中で活動を続けていくのは大変なことだと思われます。

ファンの間では、解散について悲しむ声があったり、今までの活動に感謝している声があることがわかりました。

そのため、人気がなかったから解散したのではなく、活動をしていくことが難しくなったことで、苦渋の決断ではなかったのでしょうか。

ただ、ネット上では以前から「人気がない」「ひどい」といったコメントがあったことも事実です。

ひょっとしたら表向きはコロナでの活動制限としていますが、あまり人気がなかったせいかもしれません。

とはいえ、解散後のメンバーがそれぞれの道で夢に向かうことに応援していきたいですね。

 

ラストアイドルはいじめや不仲もあった?

ラストアイドルは31人のメンバーで活動をしていたようで、メンバー内でいじめや不仲はあったのでしょうか。

各SNSを調べてみましたが、メンバー内のいじめや不仲について、あったと裏付けることができる情報を見つけることができませんでした。

ただ、ラストアイドルグループは、秋元康さんが企画したオーディション番組から誕生していて、バトル形式でメンバーを決めていたようです。

そのため、メンバーの入れ替えもバトルで決めていたようで、その中で生き残るための熾烈な争いはあったのではないでしょうか。

その中で、メンバーとして生き残るためにいじめやメンバー同士の不仲があってもおかしくないと思われます。

今後、新しい情報が分かり次第掲載いたします。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、「ラストアイドルの解散理由は人気ないから?いじめや不仲も?」と題して記事をまとめてみました。

2022年5月31日をもって、ラストアイドルの活動が終了すると発表され、話題となっています。

4周年を迎えたアイドルグループに一体何があったのか、解散理由について調べてみました。

公式HPで解散について説明していて、コロナ渦で活動が制限されてしまったなどを解散の理由にしていることがわかりました。

コロナ渦の影響で、イベントの自粛や入場制限規制、握手会など数々の活動が制限されていたのではないでしょうか。

また、ラストアイドル31人のメンバー内でいじめや不仲同士はあったのでしょうか。

各SNSを調べてみましたが、メンバー内のいじめや不仲について、あったと裏付けることができる情報を見つけることができませんでした。

今後、5ちゃんねるや匿名掲示板などで公開されるかもしれません。

新しい情報が入りましたら掲載いたします。